穴釣りしながら海を見て竿を垂らす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ひとり親なのでお金はそんなにかけられません。子どもをおいて一人でストレス発散の為に出掛けるということもできません。じゃあ子どもと一緒に出掛けてストレス発散になることは何か。

子どもの頃から魚釣りが好きでした。でも魚釣りの知識はあまりありません。針に餌を付けて竿を垂らして釣るくらいの知識です。ある程度子どもが大きくなってから釣りを再開しましたが、

最初のうちは子どももまだ手が掛かるし子どもに付きっきりでお世話をするのでストレス発散どころかグッタリ疲れに行くようなもんでした。

それでも少しずつ子どもも自分で餌を付けたり魚を外したりできるようになり、私も魚釣りをする余裕が出てきました。でも、釣れない時はやっぱり残念な気持ちになります。

海を見て竿を垂らしてるだけでストレス発散になるのは確かだけど、やっぱり釣りたい。釣れないことがストレスになる。それで始めたのが、穴釣りです。テトラポットや岩場の間に隠れているカサゴなどの根魚を狙います。

これだと、潮を見たり時間を気にする必要がほとんどなく、季節も関係なく行きたい時に行って竿を垂らしておけばどんな釣り初心者でも絶対釣れるのです。

子どもと二人で無心になって竿を垂らし、ググググッと竿が引き込まれる感覚にワクワクします。

大物が掛かれば子供と二人で大はしゃぎ。近くに他の釣り人がいることも少ないので、テトラポットの上に勇ましく立って大声で叫ぶこともストレス発散のひとつ。小さい魚はリリースしますが、大きめの魚は持って帰って調理して食べるので、ストレス発散にもなり食料調達もできて一石二鳥です。

魚釣りは釣れないから楽しくない、餌が臭くて気持ち悪いから嫌だと思っている人、穴釣りなら絶対釣れますし、餌はエビで良いので臭くないですし気持ち悪くないので、ぜひおススメのストレス発散法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SNSでもご購読できます。